Pocket
LINEで送る

 

前の予定が長引いてしまって、乗る予定の新幹線に間に合わない!

そんな時は、新幹線の空席状況を調べて、1本でも早く到着する新幹線を見つけなければなりません。

 

新幹線の空席状況って、いつもどのサイトを見ていますか?

実は、空席状況を調べるサイトは、有名なものが3つあります。

 

特に、初めて新幹線の空席状況を調べる人は、どのサイトを見れば良いか、またサイトで確認する方法も分からないものですよね。

ちなみに、のぞみ、自由席、または西日本の空席状況を調べる人が多いようです。

 

今回は新幹線の空席状況を調べることができるサイトと、各サイトの確認方法を詳しく調べてみましたので、画像と共に紹介したいと思います( ^^) _旦~~

スポンサーリンク


空席状況を調べるサイトは?

新幹線の空席状況を調べることができる有名なサイトは、下記の3つあります。

こちらをご覧ください。

 

 

この3つは有名なので、どれか見たことあるかもしれませんね。

時間帯によっては、メンテナンスで空席状況を確認できませんので注意してください。

 

それではひとつずつ見ていきましょう。

 

JRサイバーステーションで確認する方法は?

JRが提供しているJRサイバーステーションで、空席状況を確認できます。

こちらは会員登録なしで、無料で閲覧が可能です

 

空席状況を確認できるのは、毎日6:30~22:30の間。

それ以外の時間帯は利用できません。

 

当日から1か月後までの情報が確認できるので便利ですよね♪

空席状況の見方はこちらです。

 

空席状況を画像で解説

まず、JRサイバーステーションの空席状況にアクセスします。

乗車日・時刻を選択し、乗車する列車・区間を入力します。

 

入力を終えて「検索」をタップすると、普通車、グリーン車、グランクラスの空席の有無を確認できるようになります。

今回はのぞみで検索してみました。

 

 

自分が乗りたい列車や時間帯を見て、空席状況を確認してください。

 

自由席と指定席も一目で分かりますね。

ちなみに、サイバーステーションの会員登録をすれば、乗車券の予約もできます。

 

ただ、空席状況は検索時のものになります。

ですので、乗車券購入時には空席がなくなることもありますから注意してくださいね!

スポンサーリンク


えきねっとで確認する方法は?

JR東日本が提供しているえきねっとでも、空席状況を確認できます。

北海道新幹線、東北新幹線、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線、北陸新幹線を利用する場合は、えきねっとを利用しましょう。

 

えきねっとは、会員登録しなくても利用できるので嬉しいですね

 

サイトの臨時メンテナンスと定例メンテナンスが毎日 23:40~0:20、1:40~5:30にありますので、この時間以外で空席状況を確認しましょう。

サイトメンテナンス時には、チケットの変更・申し込み・払い戻しができません。

 

えきねっとでは、当日から1か月後までの情報が確認可能です。

それでは、実際に空席状況を確認してみましょう。

 

空席状況を画像で解説

まずは、えきねっとの空席状況のサイトにアクセスします。

乗車日、時刻を選択し、乗車する列車・区間を入力します。

 

 

「空席を調べる」をクリックすると、普通車、グリーン車の空席情報が確認できます。

 

 

 

空席の場合にはタップできるようになっています。

乗車する方の人数、おとな、こどもなどを選択できます。

 

クレジットカードなどを登録して会員の申し込みをすれば、チケット購入も可能。

事前に登録しておくと、スムーズに購入できるのでおすすめです。

 

e5489で確認する方法は?

JR西日本が提供しているe5489でも空席状況を確認できます。

e5489を利用するには、無料の会員登録が必要になります

 

北陸新幹線、山陽新幹線、九州新幹線を利用する時にe5489を利用しましょう。

e5489は、当日から1か月後までの空席状況が確認可能です。

 

それでは、空席状況を画像で詳しく見ていきましょう。

 

空席状況を画像で解説

まずは、e5489にアクセスします。

今回は山陽・九州新幹線の空席状況を調べてみますので、赤枠のところをタップします。

 

 

 

乗車する日にち・時刻を選択し、乗車する列車・区間を入力します。

 

 

「検索する」をタップすると、普通車、グリーン車、自由席の空席情報が確認できます。

乗車になる列車を指定しないこともできますね。

 

また、乗り換えの有無を選択することもできます。

 

 

通常のきっぷと共に、eきっぷ(会員限定)の空席状況が金額と一緒に掲載されていて見やすいですよね。

 

e5489に会員登録をしていれば、ID・パスワードを入力しログイン後に人数や座席、乗車券を選択し、予約を行うこともできます。

まとめ

新幹線の空席状況を知りたい時に、どのサイトを利用すればよいか、またサイトの確認方法を画像で詳しく解説してきました。

 

このサイトを利用すれば、検索の多いのぞみ自由席、西日本などの空席状況もすぐに調べることができますね。

今回紹介したサイトは、いずれも無料で空席状況を調べることができます。

 

ただ、時間帯によってメンテナンス中で閲覧できないこともあります。

 

また、各サイトで空席を確認する場合に、空席状況を確認している間にも、予約が埋まってしまうこともありますので注意してください。

特に年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などの繁忙期は予約が埋まりやすいので、早めに予約することをおすすめします

スポンサーリンク