Pocket
LINEで送る

 

ユアンユアン

友達が結婚はジューンブライドが良いっていうんだけど、どういう意味なの?


セイラセイラ

ジューンブライドって、確か6月に結婚式を挙げることじゃなかったっけ。由来までは知らないけど。

ユアンユアン

そうなんだ。でも、入籍する日って6月じゃなくても良いのかな?入籍日と結婚式って必ずしも一緒じゃないもんjね。

セイラセイラ

う~ん、そこは微妙だわね…。由来も分からないし、ジューンブライドについて詳しく調べてみましょう。

 

結婚式といえば、ジューンブライドに挙げたいというカップルがたくさんいます。

でも、実際ジューンブライドの意味や由来を詳しく知っている人は少ないかも。

 

私も、ジューンブライドは6月に結婚式を挙げること、くらいしか知りませんでした。

由来や意味を知れば、なぜジューンブライドに結婚式を挙げた方が良いか分かりますものね(*’▽’)

 

また、入籍日と結婚式のどちらを行えばジューンブライドと呼ばれるかも、基準があるのか知りたいですよね。

せっかくジューンブライドに結婚した!といっても、実際違っていたらショックですものね(^-^;

 

今回はジューンブライドの意味や由来、また入籍日と結婚式のどちらを行うとジューンブライドと呼ばれるかについて、詳しく調べましたのでシェアします!(^^)!

スポンサーリンク


ジューンブライドの意味は?

 

6月の結婚や6月の花嫁という意味をもつジューンブライドは、6月に結婚式を挙げることを言います。

 

なぜ6月に結婚をするのかというと、6月に結婚をした新郎新婦は一生涯にわたって幸せな結婚生活を送ることができる、と言われているからです。

もともとは欧米から入ってきた言葉であり、その後日本でも知られるようになりました。

 

欧米は6月でも気候に問題がなく、結婚式を挙げるカップルも多くいます。

日本でも、ジューンブライドに憧れ6月に結婚式を挙げるカップルもたくさんいますよね。

 

芸能人も、優木まおみさん、オリラジの中田敦彦さん、つんく♂さん、加藤夏希さん、杉浦太陽・辻希美ご夫妻、くわばたりえさんなど、ジューンブライドに結婚しています。

 

ユアンユアン

好きな芸能人や幸せそうな夫婦がジューンブライドに結婚したら、やっぱり自分もってなるんだろうね。

 

ただ、日本では6月は梅雨の時期でもあるため、結婚式を避けるカップルもいますね。

雨ですと、結婚式に出席する方も大変ですものね(^-^;

 

なので、日本でのジューンブライドは、海外ほど多くはないと言えるでしょう。

ジューンブライドの意味はお分かりいただけたと思いますので、続いてジューンブライドの由来について説明します。

 

ジューンブライドの由来は?

 

ジューンブライドの由来は、いくつかあります。

 

こちらでは、ジューンブライドの由来といわれているものを一つずつ紹介していきたいと思います。

その中で最も有力と言われているのが、ローマ神話の女神ユノに由来する説。

 

ローマ神話の女神ユノ

ローマ神話女神ユノは、主神ユーピテルの妻であり、ローマ神話で女性の結婚や出産、育児に関する女神として知られています。

またユーピテルはギリシャ神話ではゼウス、ユノはヘラと同一視されています。

 

ギリシャ神話でゼウスは浮気性であり、ヘラはそんなゼウスの浮気を防ぐために良い家庭を築くよう必死だったとのこと。

そんなギリシャ神話が、後にローマに伝えられます。

 

そして、ユノはラテン語でJunoと書きます。

6月を英語で書くとJuneとなり、これは女神ユノに由来していると言われているのですね。

 

このことから、6月に結婚するとユノの加護を受けて幸せになれると考えられるようになりました。

また、他にジューンブライドの由来として有力な説が、次の6月の仕事と気候による説です。

 

3月~5月は忙しいから6月に結婚!

ヨーロッパでは、昔から3月~5月は農業の繫忙期。

 

3月~5月は忙しいので、仕事の妨げになるという理由から、その時期は結婚が禁止されていました。

繫忙期が終わった後、結婚を待っていた多くのカップルが、6月に結婚式を行ったのが由来とも言われています。

 

6月は天気が良いからという説

ヨーロッパでは、6月は一番天気が良く過ごしやすい時期になります。

 

6月は天気が良いという理由から、6月に結婚式を挙げるカップルが多くなったという説です。

良い天気に恵まれて、たくさんの人に祝福されて結婚式を挙げると幸せになれるという考えが元のようですね。

セイラセイラ

ジューンブライドの由来って、いくつかあるけど私は女神ユノの話がロマンチックで好きだわ。

 

スポンサーリンク


ジューンブライドは、入籍と結婚式のどちらを指す?

 

ジューンブライドは入籍か結婚式、どちらを指すかというと、実は決まった説はありません

 

ヨーロッパでは入籍と結婚式が同時なのが一般的

ですから、ヨーロッパではこれは問題にはなりません。

 

問題なのは、日本の場合です。

日本の結婚式は、入籍日と挙式の日はの場合がほとんどです。

 

ですから、入籍日が5月で結婚式が6月という場合もありますよね。

日本の結婚事情を考えると、ジューンブライドとなる条件については、判断しにくいところでしょう。

 

ただ、次のような場合はジューンブライドと呼ばれるようです。

 

  • 6月以外で入籍して、6月に結婚式
  • 6月に入籍して、結婚式を挙げる
  • 6月に入籍して、結婚式を挙げない

 

つまり、6月に入籍をするか、6月に結婚式をあげれば、ジューンブライドと呼ばれるんですね。

ただ、6月に入籍して、結婚式を他の月に挙げるとジューンブライドと言わないことが多いとも。

 

自分たちの結婚式をジューンブライドにしたいなら、上記のいずれかを選んでくださいね!

まとめ

ジューンブライドについて、意味や由来、またジューンブライドが入籍日と結婚式のどちらを指すのかを紹介してきました。

 

ジューンブライドって、日本でも人気で6月に結婚式を挙げるカップルは結構いますよね。

6月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活を送れるなんて言われたら、確かに結婚式挙げたくなっちゃいますものね(^-^;

 

ジューンブライドの由来も、いろいろな説がありますが、神話もしくはヨーロッパから入ってきたものでしたね。

また、入籍日か結婚式のどちらかが6月に行われれば、ジューンブライドと呼ばれるというのも分かりました。

 

ユアンユアン

ジューンブライドの意味や由来を知ると、男の僕でも良いかもって思っちゃうよ。

 

ジューンブライドに結婚式を挙げたい、または入籍をしたいと考えているカップルがいましたら、ぜひ参考にしてみてください♪

スポンサーリンク