Pocket
LINEで送る

セイラセイラ

ねぇ、ユアンはロンドン生まれだけど、飛行機ってなんて言う?


ユアンユアン

ロンドンではaeroplaneて言うよ。ハワイの場合はどうなの?


セイラセイラ

私のところでは話をするときはplaneで、書くときはairplaneね。


ユアンユアン

ってことは、英語で飛行機って言葉は3つの単語があるんだね、何が違うんだろう?

あなたは「飛行機を英語でなんていうの」と聞かれたらどう答えますか?

 

airplane、またはplaneと答える人が多いと思います。

日本では、学生時代はアメリカ英語を習うので、飛行機というとこの2つなんですね。

 

aeroplaneという答えが返ってくることは少ないです。

イギリスやオーストラリアに留学経験がある人はこの単語を答えるかもしれません。

 

飛行機という意味を表す英単語は3種類あります。

ただ、この3種類の単語の使い方の違いを知らない人は意外と多いようです。

 

今回は英語で飛行機という意味の3つの単語について詳しく解説していきたいと思います(#^^#)

スポンサーリンク


英語で飛行機を意味する3つの単語

英語で飛行機という意味の単語は次の3つあります。

 

  1. airplane
  2. plane
  3. aeroplane

 

単語は3つとも違いますが、意味はすべて飛行機を指します。

1.airplaneと2.planeは学生の時に学校の英語の授業で習っているので馴染みがあると思います。

 

3.aeroplaneは知らない、もしくは過去に習ったけれど忘れてしまったという方が多いはずです。

意味は同じ飛行機でも、3つの単語には厳密にいうと使い方に違いがあります。

 

それでは3つの単語の使い方にどのような違いがあるか、ひとつひとつ見ていきましょう♪

airplaneの使い方

飛行機を英語で書く場合に真っ先に思いつくのが、『 airplane 』です。

一般的に飛行機というと、このairplaneがよく使われます。

 

airplaneという単語は、正確には「航空機」という意味を持っています。

移動で使う飛行機というよりも、飛行機そのものを表す時に使われる事が多い言葉です。

 

例えば、おもちゃの飛行機を指したり、飛行機の機能について話したりする時に、このairplaneという言葉を使います。

こちらの例文をご覧ください。

【例文】

I made a paper airplane. 紙飛行機を作りました。

I took an airplane to Hokkaido. 飛行機で北海道へ行きました。

The airplane took off on time. その飛行機は定刻通り出発しました。

airplaneはアメリカ英語ですので、アメリカ人は飛行機というとこの単語を使います。

セイラセイラ

確かに学校のテストとかではairplaneて書いてたわね!

イギリスやアイルランドなどのヨーロッパ、またオーストラリアやニュージーランドなどのオセアニアではあまり使われません。

 

た、口語では次に紹介します『 plane 』airplaneの略としてよく使われます。

planeの使い方

『 plane 』airplaneの略で、意味は同じ飛行機になります。

会話では、ほとんどの場合planeが使われています。

 

ただ、planeは飛行機という意味の他に、平面水平面階段水準などを表す言葉としても使われます。

ですので、飛行機ということを確実に伝えたい場合にはairplaneを使いましょう。

 

また、planeは略語で口語的な言葉です。

正式な文章などで飛行機という意味を表したい場合は、airplaneの方が良いでしょう

 

planeには、動詞での「飛行機で行く」という時にも使われます。

planeの使い方を例文にしましたので、こちらをご覧ください。

【例文】

There were about 300 passengers on the plane. その飛行機には300人くらい乗っていました。

I went to the USA in a plane. 私は飛行機でアメリカに行きました。

・I saw plane. 飛行機を見ました。

会話の中で使う時はplaneで良いでしょう。

スポンサーリンク


aeroplaneの使い方

『 aeroplane 』は、日本ではあまり馴染みのない単語です。

ですが、こちらも飛行機という意味があります。

 

aeroplaneはイギリス英語になります。

イギリスの他にも、オーストラリアやニュージーランド、アイルランドなどでも使われています

 

使い方は、airplaneと同じになります。

こちらの例文をご覧ください。

【例文】

・The aeroplane landed in safety. その飛行機は無事に離陸しました。

The aeroplane is wrecked. 飛行機が壊れました。

What time does the aeroplane take off? その飛行機は何時に出発しますか?

ユアンユアン

イギリスではaeroplaneを使ってたから、アメリカに来たときは戸惑ったよ 笑。

まとめ

飛行機という意味の英語には、3つの単語がありましたね。

それぞれに使い方と使う国に違いがあることを紹介してきました。

 

同じ意味でも、話す国や用途によって使う単語が違うのは面白いですよね( *´艸`)

 

これまで飛行機と聞いて、airplaneまたはplaneのみしか覚えていなかった方は、aeroplaneも加えた全部で3つの英単語があることを覚えていてくださいね。

セイラセイラ

いつも話す時はplaneだけど、今度イギリスに行くときはaeroplaneを使ってみようかな。

アメリカ英語を話す国に行く場合と、イギリス英語を話す国に行く場合では上手に使い分けて頂ければと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね!(^^)!

スポンサーリンク