Pocket
LINEで送る

 

セイラセイラ

ねぇ、新幹線の往復割引って利用したことある?今度さ、新幹線で大阪に行く予定があって。


ジェイジェイ

往復割引は何回か使ったことあるぞ。ただ、確か使うには条件があったはずだな。


セイラセイラ

え~なんだろう、その条件って?東京から大阪まで行くんだけど、利用できるかなぁ…


ジェイジェイ

そうだな、オレは調べるの慣れてるから、ついでに調べてやるよ!

 

新幹線の往復割引が、東京~大阪間に利用できるか調べる人が多いようです。

せっかく安くなるなら、往復割引を利用したいですものね!

 

ただ、往復割引には条件があります。

その条件に満たない場合は、往復割引を利用できません。

 

また、往復割引が利用できても、他の割引サービスと比べて安いかどうかも気になるところだと思います。

 

そこで、今回は新幹線の往復割引が東京~大阪間に利用できるか、また一番安くてお得にチケットを買う方法を詳しく解説したいと思います !

スポンサーリンク


往復割引は東京~大阪間で利用できる?

結論から言いますと、新幹線の往復割引は東京~新大阪間で利用できません。

 

利用できない理由は、距離数が関係しています。

実は、新幹線の往復割引は、片道の距離が営業キロ数で601km以上でないと利用できない規定になっています。

 

ちなみに、東京~新大阪間の片道は556kmなので、601kmの条件に満たないのですね。

 

そこで、往復割引を利用するために、新大阪より距離が多い西明石まで買ってしまう裏技があります。

東京~西明石まで新幹線に乗って、西明石から新大阪に戻る方法です。

 

ただし、往復割引の割引率は通常チケットの1割

この裏技を使っても、安くなるのはたったの数百円です( ゚Д゚)

 

セイラセイラ

裏技を使っても、ほとんど安くならないんだね…。

ですから、私はおすすめしていません!

では、新幹線の東京~新大阪間の料金で安くてお得な方法は何なのでしょうか?

 

東京~大阪間の料金比較表

ここからは、新幹線で東京~新大阪間で利用できるチケットの料金を、割引サービス別に比較していこうと思います。

 

新幹線の割引サービスには、早割、学割、回数券など様々な割引があります。

そして、新幹線には普通車指定席、グリーン車、自由席がありましたね。

 

ただ、割引サービスによっては、自由席が利用できないものも結構多いです。

ですので、普通車指定席、グリーン車、自由席と分けて料金を比較しました。

 

まずは、普通車指定席の料金の比較からみていきましょう。

こちらをご覧ください。

 

普通車指定席

順位サービス名料金割引額
1位EXこだまファミリー早特9,900円4,240円
2位ぷらっとこだま10,500円3,640円
3位EX早特2111,000円3,450円
4位EXのぞみファミリー早特12,340円2,110円
5位学割12,390円2,060円
6位EX予約13,370円770円
7位e特急券13,570円570円
8位回数券13,690円450円

 

料金が安い1位~4位は、早割サービスが独占しています。

つまり、東京~新大阪間を新幹線で移動する時は、早割が一番安くてお得ということが分かりますね。

 

そして、5位に学割が入り、会員制ネット予約サービスのEX予約が6位と特急券が7位と続きます。

最後の8位が回数券になります。

 

こうやって見ると、チケットを安く手に入れるためには、早割が良さそうですよね?

ですが、実は割引サービスには利用するための条件があります。

 

その条件を満たしていないと、残念ながら利用できません

ですので、ここからはそれぞれの割引サービスの特徴や注意点を詳しく解説していきたいと思います。

 

1位 EXこだまファミリー早特

新幹線の普通車指定席で、東京~新大阪間のチケットの最安は、EXこだまファミリー早特です。

EXこだまファミリー早特は、EX予約の中の早割サービスのひとつ。

 

料金は9,900円で、通常料金より何と4,240円も安くなります!(^^)!

往復割引を利用する裏技でも、たった数百円しか安くなりません。

 

4,000円以上安くなれば、高級ホテルのランチ代が無料になったようなもの♪

ですので、断然EXこだまファミリー早特の方がおすすめです!

 

ただし、EXこだまファミリー早特を利用するためには条件があります。

こちらの特徴と注意点をご覧ください。

 

■特徴

対象列車:こだま

子供料金:設定あり

乗車人数:2名以上

予約変更:可能

 

【注意点】

一人では利用できない

・指定された『こだま号』以外乗車できない

・途中乗り降りができない

・他の割引と併用ができない

 

EXこだまファミリー早特は、子供料金の設定があるのも嬉しいところ♪

 

ただ、一人で利用できないというデメリットもあります。

また、他にも『こだま』以外に乗車できない、途中の乗り降りができない、他の割引と併用不可なども注意が必要ですね。

 

また、利用できるのが『こだま』のみなので、到着時間は『のぞみ』と比べると長くなります。

ですから、一番安い料金で、時間に余裕がある人には最適の割引サービスと言えますね!

ジェイジェイ

2人以上で新幹線に乗る時に、お金の節約を優先したいならこれがおすすめだな。

 

EXこだまファミリー早特のサイトはこちら

 

2位 ぷらっとこだま

東京~新大阪間の新幹線のチケットで、2番目に安いのがぷらっとこだま

ぷらっとこだまは、JR東海ツアーズが販売している早割チケット商品です。

 

料金は10,500円で、通常より3,640円も安くなります。

ぷらっとこだまの特徴と注意点を見ていきましょう。

 

■特徴

対象列車:こだま

子供料金:設定あり

乗車人数:1名以上

予約変更:不可

 

【注意点】

予約後の変更ができない

・指定された『こだま号』以外乗車できない

・途中乗り降りができない

 

ぷらっとこだまは、一人でも利用できます。

また、子供料金の設定もあるので、家族で一緒に新幹線に乗ることができますね。

 

ただ、注意点がいくつかあります。

 

特に、予約後に変更ができないので、気を付けてください。

ぷらっとこだまのサイトはこちら

 

3位  EX早特21

3位はEX早特21です。

こちらはEX予約の中の早割サービスのひとつ。

 

料金は11,000円で、通常より3,450円安くなります。

EX早特21の特徴と注意点はこちらをご覧ください。

■特徴

対象列車:のぞみ

子供料金:設定なし

乗車人数:1名以上

予約変更:可能(他の列車の料金の差額は支払う)

 

【注意点】

乗車駅を朝6:00~6:59、昼11:00~15:59に出発する直通の『のぞみ』普通車指定席のみ

子供料金の設定なし

乗り遅れたら利用できない

・途中乗り降りができない

・他の割引と併用ができない

 

対象列車が『のぞみ』なので、到着時間が早くなります。

できるだけ早く到着したい人におすすめ。

 

予約後の変更も可能で、一人でも利用できるので出張の時も良さそうですね♪

 

ただし、こちらも注意点があります。

まず、乗車できる時間帯が限られるという点。

 

他には、子供料金の設定がない、乗り遅れたら利用できない、この2点も特に気を付けてください。

EX早特21のサイトはこちら

 

4位  EXのぞみファミリー早特

4番目にチケットの料金が安いのが、EXのぞみファミリー早特です。

こちらもEX予約の早割サービスのひとつ。

 

料金は12,340円で、通常より2,110円安くなります。

EXのぞみファミリー早特の特徴と注意点はこちらをご覧ください。

 

■特徴

対象列車:のぞみ

子供料金:設定あり

乗車人数:2名以上

予約変更:可能

 

【注意点】

一人では利用できない

土休日のみしか利用できない

・途中乗り降りができない

・他の割引と併用ができない

・乗り継ぎ割引が適用されない

 

対象列車が『のぞみ』で、移動時間が短いのは嬉しいですね♪

子供料金の設定もあるので、家族で週末に新幹線に乗って旅行する時にも最適。

 

ただ、土休日のみしか利用できません。

また、一人では利用できないので気を付けてください。

 

他にも、途中の乗り降りができない、他の割引と併用できない、乗り継ぎ割引が適用されないなども注意が必要になります。

EXのぞみファミリー早特のサイトはこちら

 

以上、1位から4位までが早割サービスとなります。

 

新幹線の早割で東京~新大阪間の料金については、こちらの記事に詳しく書いていますので参考にしてください。

新幹線の早割!東京~大阪間を安くする方法を徹底解説

 

5位 学割

そして、5位が学割です。

学割はJRから指定を受けた学校の学生が、チケットを2割引きで購入できる制度。

 

料金は12,390円で、通常より2,060円安くなります。

学割の特徴と注意点はこちらをご覧ください。

 

■特徴

対象列車:特になし

適用距離:片道の営業キロ数が100kmを超える場合

乗車人数:1名以上

 

【注意点】

学生証(学生・生徒旅客運賃割引証)が必要

特急券は割引にならない

・グリーン券、寝台券も利用できない

学割は、片道の営業キロ数が100kmを超える時に、利用できます。

600kmを超える場合は、往復割引との併用もできますが、冒頭に紹介したように、東京~新大阪間では556kmなので往復割引は適用できません。

 

学割の注意点は、2つあります。

 

1つ目は、学割を利用するには、学生証が必要なこと。

学生証は、正式には「学生・生徒旅客運賃割引証」と呼ばれます。

 

学生証がないと、学割を利用できません。

また、学割を発行してもらう場合は、あなたの学校がJRから指定を受けた学校でなければなりません。

 

2つ目は、特急券は割引にならない点です。

新幹線のチケット代は、次のように乗車券と特急券の合計になります。

 

新幹線チケット=乗車券+特急券

 

学割の場合、運賃だけが2割引きとなり、特急券は割引にならないのですね。

また、グリーン券や寝台券も割引にはなりません。

 

6位 EX予約

6位がEX予約です。

EX予約は、JRが運営するインターネット予約サイト。

 

料金は13,370円で、通常より770円安くなります。

EX予約の特徴と注意点はこちら。

 

■特徴

対象列車:特になし

子供料金:設定なし

乗車人数:1名以上

予約変更:列車出発時刻の4分前まで可能

 

【注意点】

子供料金の設定がない

・乗り継ぎ割引は適用されない

 

EX予約は、基本的にJR東海の全ての列車で利用できます。

予約の変更は、列車の出発時刻4分前まで何度でも可能です。

 

注意点は、子供料金の設定がないこと。

乗り継ぎ割引も適用されないので気を付けてください。

 

EX予約のサイトはこちら

 

7位 e特急券

7位はe特急券です。

e特急券は、EX予約のサービスのひとつ。

 

料金は13,570円で、通常より570円安くなります。

e特急券の特徴と注意点はこちら。

 

■特徴

対象列車:特になし

子供料金:設定あり

乗車人数:1名以上

予約変更:列車出発時刻の4分前まで可能

 

【注意点】

割引は特急券のみ

・途中下車ができない

・他の割引との併用ができない

・乗り継ぎ割引は適用されない

 

e特急券は子供料金の設定があります。

変更も列車の出発時刻の4分前まで可能。

 

ただし、こちらは特急券のみが割引となります。

乗車券は別途で購入が必要ですので、注意してください。

 

e特急券のサイトはこちら

 

8位 回数券

8位は回数券です。

JR駅の窓口、金券ショップなどで購入できます。

 

料金は13,690円で、通常より450円安くなります。

回数券の特徴と注意点はこちらをご覧ください。

 

■特徴

対象列車:特になし

子供料金:設定なし

乗車人数:1名以上

予約変更:可能

 

【注意点】

有効期限がある(基本3か月)

・種類が多く、ルールが異なる

 

特徴としては、回数券には様々な種類があることが挙げられます。

自由席、指定席など座席によって回数券も異なるのですね。

 

注意点は、有効期限があること。

通常は6枚つづりで販売され、有効期限は3か月になります。

 

回数券は、種類が多い分それぞれルールが異なります。

ですから、回数券を購入後にその都度ルールを確認しましょう。

 

こうやって比較してみると、早割が断然お得で安いのが分かりますね!

続いて、グリーン車を見てみましょう。

スポンサーリンク


グリーン車

順位サービス名料金割引額
1位EXこだまファミリー早特10,900円8,020円
2位EXこだまグリーン早特11,200円7,720円
3位ぷらっとこだま12,000円6,920円
4位EXグリーン早特14,400円4,830円
5位EXのぞみファミリー早特14,400円4,830円
6位回数券18,920円0円

 

新幹線のグリーン車で、東京~新大阪間を移動する場合、料金が安いのは早割サービスです。

1位~5位まで早割が独占で、6位の回数券は割引がありません。

 

普通車指定席と同じで、グリーン車も早割がおすすめなんですね!

それでは、ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

 

1位 EXこだまファミリー早特

東京~新大阪間のチケットの最安は、早割のEXこだまファミリー早特です。

料金は10,900円で、通常料金より、な、なんと8,020円も安くなります( ゚Д゚)

 

往復割引の裏技を使っても、少ししか安くならないのを考えると、驚きですよね!

8,000円以上も安くなったら、ホテル代が1泊無料になったようなもの( *´艸`)

 

セイラセイラ

グリーン車でも早割が圧倒的に安いのね~!

特徴や注意点は、普通車指定席のEXこだまファミリー早特と同じなので、参考にしてください。

 

2位 EXこだまグリーン早特

2番目に料金が安いのが、EXこだまグリーン早特。

EX予約の早割サービスのひとつです。

 

料金は11,200円で、通常より7,720円安くなります。

EXこだまグリーン早特の特徴と注意点はこちら。

 

■特徴

対象列車:こだま

子供料金:設定なし

乗車人数:1名以上

予約変更:可能

 

【注意点】

子供料金がない

・指定された『こだま号』以外乗車できない

・途中下車ができない

・他の割引との併用ができない

・乗り継ぎ割引は適用されない

 

一人でも利用できるのは嬉しいですね♪

 

ただ、子供料金がないので、家族で子供連れには利用できないのは注意が必要です。

他にも、『こだま』以外は乗車できない、途中下車ができない、他の割引と併用不可、乗り継ぎ割引が適用されないので気を付けてください。

 

EXこだまグリーン早特のサイトはこちら

 

3位 ぷらっとこだま

3番目に安いのは、ぷらっとこだま

料金は12,000円で、通常より6,92o円安くなります。

 

特徴や注意点は、普通車指定席のぷらっとこだまで解説したものと同じです。

時間に余裕があって、のんびり移動したい人におすすめ。

 

4位 EXグリーン早特

4番目に安いのが、EXグリーン早特です。

EX予約の早割サービスのひとつ。

 

料金は14,400円で通常より4,830円安くなります。

EXグリーン早特の特徴と注意点はこちら。

 

■特徴

対象列車:終日のひかり、のぞみ(乗車駅を6:00~6:59に出発する時間帯のみ)

子供料金:設定なし

乗車人数:1名以上

予約変更:可能

 

【注意点】

のぞみは乗車駅を6:00~6:59に出発する時間帯のみ

子供料金の設定がない

・指定された『のぞみ』『ひかり』以外乗車できない

・途中下車ができない

・他の割引との併用ができない

・乗り継ぎ割引は適用されない

 

注意点がいくつかあります。

 

まず、『のぞみ』に乗車できるのは、乗車駅を6:00~6:59に出発する時間帯のみであること。

ちなみに、『ひかり』でしたら、終日利用できます。

 

また、子供料金の設定がない、指定された列車以外乗車できない、途中下車できない、他の割引と併用不可、乗り継ぎ割引も適用できないなども気を付けてください。

 

EXグリーン早特のサイトはこちら

 

5位 EXのぞみファミリー早特

5位はEXのぞみファミリー早特です。

料金は14,400円で、通常より4,830円安くなります。

 

EXのぞみファミリー早特の特徴と注意点は、普通車指定席で紹介した通りです。

土休日のみ利用可能で2名以上でないと利用できないので、注意してくださいね!

 

以上がグリーン車に乗車した時に、チケットが安くなる割引でした。

最後に自由席を見てみましょう。

 

自由席

新幹線の自由席で東京~新大阪間の割引が使えるサービスは、学割のみです。

 

学割は11,870円で、通常料金より1750円だけ安くなります。

やはり、早割を利用できないので、割引も少なくなっていますね(^-^;

 

東京~新大阪間の新幹線の料金を一番安くしたいなら、普通車指定席のEXこだまファミリー早特がベスト

料金は9,900円なので、自由席で学割を利用するより1,970円も安くなりますからね。

 

一般的に一番安いと思われている自由席よりも、指定席の早割は安くてお得なんですね。

指定席がイヤじゃなければ、ぜひ早割の指定席がおすすめですよ!

 

ジェイジェイ

自由席が一番安いって勘違いしてる人が多いんだけど、実は早割だぞ。

宿泊をするなら更にパックが安い!

新幹線で東京~新大阪間を移動する人の中には、ホテルや旅館も一緒に予約する人もいると思います。

 

新幹線のチケットとホテル等の宿泊を一緒に予約する人におすすめなのが、2つがパックになったプラン。

チケットとホテルを別々で予約するよりも、10,000円以上も安くなることが多いんです!

 

10,000円以上も安くなったら、1泊分のホテル代と1食分のランチ代が無料になったようなもの( *´艸`)

ちなみに、私も新幹線で泊りの出張の時は、このパックを利用するようにしています。

 

どうせ同じものを予約するなら、安くできた方が当然嬉しいですからね♪

 

パックについての詳しい記事は、こちらに書いてあります。

新幹線とホテルのパックは楽天トラベル経由がおすすめな理由は?

 

↓↓↓お得な新幹線+宿泊のセットプランはこちら↓↓↓

 

まとめ

新幹線の往復割引で、東京~大阪間を安くする方法について紹介してきました。

 

東京~新大阪間では、新幹線の往復割引は利用できないことが分かりました。

仮に裏技を利用しても、ほとんど安くなりません。

 

そこで、往復割引以外の割引サービスで料金を比較しました。

普通車指定席、グリーン車、自由席でそれぞれ比較してみると、早割が圧倒的に安くてお得だというのもお分かりいただけたと思います。

 

グリーン車に至っては、最大で8,000円以上も通常料金より安くなりましたからね。

一般的に安いように感じる自由席よりも、指定席の早割の方が安いのを知った時は、私はショックでした( ゚Д゚)

セイラセイラ

私も早割のコスパの良さを知って、考え方が変わったわ!

 

指定席が苦手でなければ、自由席ではなく指定席の早割をおすすめします。

また、新幹線のチケットとホテルを予約する人には、さらにお得なパックも紹介させていただきました。

 

新幹線で東京~大阪間を移動する予定の人が、今回の記事を参考にしていただけたら嬉しいです(*^-^*)

スポンサーリンク