Pocket
LINEで送る

セイラセイラ

うちの両親が来月の22日で結婚30年なんだけど、プレゼント何がいいかな?


ユアンユアン

それって真珠婚式ってやつだ!やっぱり真珠のアクセサリーとかが良いんじゃない!


セイラセイラ

真珠かぁ・・・私は旅行とかどうかなって思ってたんだけど。


ユアンユアン

う~ん、確かに難しいね。真珠婚式用のプレゼントも結構いろいろ種類がありそうだし・・・

 

私の両親がめでたく結婚30年の真珠婚式(しんじゅこんしき)を迎えます。
これまで大切に育ててもらった感謝の意味も込めて、真珠婚式のお祝いのプレゼントを贈りたいと思ってます。

 

でも、私はそもそも真珠婚式の意味すら知りません(^-^;
それに真珠婚式のプレゼントで調べると、たくさん出てきて何が良いか迷ってしまいます・・・

 

例えば・・・

 

  • 真珠婚式って何のこと?
  • 両親に贈るおすすめのプレゼントは?
  • 真珠婚式といえば、なぜ鳥羽なの?

 

最近は、真珠婚式をお祝いする家庭も増えてきていると聞きますね。

今回はいつもお世話になっている両親の結婚30年の真珠婚式について、これらの疑問について調べてみたいと思います。

スポンサーリンク


真珠婚式って何のこと?

出典:http://www.toba.gr.jp/wedding/

 

真珠婚式は、結婚30周年をむかえた記念日のことです。

 

結婚記念日って実は1年目から名前がついているって知っていましたか?

ちなみに、1年目は紙婚式(かみこんしき)といいます。

 

でも、一般的に有名なのは結婚25周年の銀婚式(ぎんこんしき)、30周年の真珠婚式、50周年の金婚式(きんこんしき)くらいです。

 

では、結婚30周年がなぜ真珠婚式と呼ばれるかという疑問です。

真珠は海の宝石といわれています。

 

真珠は海の中で貝に守られて長い年月をかけながら一層ずつ積み重ねて美しく輝く宝石となります。

 

ゆっくりと時間をかけて輝きを増していく真珠と、結婚生活30年という長い時間の中で夫婦で愛を深めていく姿が重なって真珠婚と呼ばれるようになったようです。

また、真珠には健康や長寿という意味もあるので、これからの結婚生活も元気で長生きしてほしいという願いも込められているとのこと。

 

セイラセイラ

真珠婚式の由来を知ると、改めてステキだな、お祝いしたいなって思うわよね。

真珠婚式のお祝いでおすすめのプレゼント ベスト3

続いて、真珠婚式のお祝いにおすすめのプレゼントを紹介したいと思います。

せっかくプレゼントするなら、やはり喜んでもらいたいですよね!

 

今回は真珠婚式のプレゼントの定番として、特に人気の高い3つを調べました。

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

 

第1位 真珠のアクセサリー

一番人気は、真珠のアクセサリーです!

 

予算としては、両親合わせて1~2万円前後が多いようです。

お母さんには真珠の指輪、ネックレスなどを贈るのが定番。

 

真珠の指輪は、一粒大きな真珠がついたものが特に人気です。

▼おすすめの真珠の指輪はこちら▼

 

 

真珠のネックレスは、ホワイト系でアレンジが色々と楽しめるサイズが喜ばれます♪

人工の物ではない、本物の真珠はやはり輝きは違いますよね!

 

真珠のネックレスもなかなか自分で買うタイミングも少ないので、プレゼントされるとお母さんも喜びます。

 

▼おすすめの真珠ネックレスの指輪▼

 

 

 

真珠のアクセサリーはひとつ持っていると、結婚式などの冠婚葬祭などで何かと重宝されますからね~。

お父さんには、ネクタイピンを選ぶ人が多いようです。

 

真珠のネクタイピンは、上品でシンプルなデザインがおすすめ。

カフスとセットになったものが特に人気で、結婚式やパーティーなど華やかな場に最適ですね(*’▽’)

 

▼おすすめの真珠のネクタイピンはこちら▼

 

 

真珠婚式を迎える年代って50~60代なので、親戚の子供や会社の部下などの結婚式に呼ばれることも多い時期です。

ですから、結婚式に参加する時に付けていくのに、真珠のネクタイピンを送ると喜ばれるとのこと。

 

他にはブレスレットなんかも人気ですね。

真珠のアクセサリーでもブレスレットならお父さんも気軽に身につけられますから♪

 

真珠婚式で両親へのプレゼントに迷ったら、とりあえず真珠のアクセサリーを贈っておけば間違いないでしょう!

 

第2位 旅行チケット

真珠アクセサリーの次に人気なのが、旅行のプレゼントです。

せっかくの30周年の記念なので、夫婦水入らずでゆっくり旅行でも!ということでしょうかね。

 

確かに仕事や子育てに追われてなかなかゆっくりできなかった夫婦も多いはず。

しかも夫婦二人だけの旅行なんて何年ぶりって感じで、いつもなら照れくさくて行かなかったりします。

 

ですが、真珠婚式という名目でなら意外とすんなり行きましょうってなるみたいですよ!

特にちょっと高めの宿でのんびり温泉にでも入って美味しい夕飯を食べるようなプランが人気です。

 

いつもはなかなか泊まれないような高級な宿でも、早めに予約すると割引がきいて格安で泊まれる宿泊予約サイトも結構ありますものね( *´艸`)

おすすめの宿泊予約サイトをいくつか紹介しておきますね♪

 

【1】じゃらん

公式サイトはこちら→【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた宿ランキング

 

【2】JTB


公式サイトはこちら→【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ!
【3】一休


公式サイトはこちら→一休.com

 

第3位 フォトフレーム

 

真珠婚式のプレゼントであまり予算がないという方には、フォトフレームがおすすめです。

予算は両親二人分で、5,000~8,000円前後と手頃な価格が人気。

 

無料で名前を入れることができて、お気に入りの夫婦の写真を飾ればそれだけでも一生の宝物ですよね(*´▽`*)

このフォトフレームを見るたびに、気持ちもホッコリすることでしょう♪

 

他にはフォトフレームの中に時計が入ったものをプレゼントする人も結構います。

 

▼おすすめのフォトフレームはこちら▼

 

好きな言葉も彫刻してもらえて、記念の写真を飾ることもできるのが人気のヒミツ。

こういう記念の品がリビングや寝室に飾られていると夫婦で仲良くいられるはずですね!

 

ユアンユアン

真珠婚式のプレゼントは、とりあえずこの3つを押さえておけば大丈夫そうだね!

 

スポンサーリンク


真珠婚式といえば、なぜ鳥羽なの?

ネットの検索で「真珠婚式」とタイプすると、鳥羽という言葉が関連ワードとして一緒に出てきます。

鳥羽とは三重県の鳥羽市のことのようです。

 

出典:一般社団法人 鳥羽市観光協会

 

こちらが鳥羽市の観光協会のサイトですが、町おこしとして真珠婚式を大々的にPRしてるみたいですね。

 

調べてみると、鳥羽は世界で初めて養殖真珠に成功した土地であることが分かりました。

真珠王と呼ばれた御木本幸吉という人物と妻であるウメの夫婦愛で真珠の養殖に取り組んだのですね。

 

つまり、鳥羽という土地と真珠は深い関係があるということですね。

他にも三重県伊勢市には有名な伊勢神宮もあり、鳥羽を真珠婚式の街としてPRするのも頷けますね。

 

毎月30日(2月と12月を除く)に鳥羽国際ホテルチャペルで真珠婚式を行っているとのこと。

夫婦で1万円を支払えば参加できますし、追加で3万円支払えばウェディングドレスとタキシードのレンタルまで利用できるみたいです!

 

出典:鳥羽市観光協会公式サイト

 

鳥羽国際ホテルの真珠婚式では、夫婦二人で入場して、聖書を読んで賛美歌を歌います。

最後に愛の誓いをして、真珠の母貝であるアコヤ貝に愛のメッセージを書くラブレター交換会をするようです。

出典:鳥羽市観光協会公式サイト

 

これじゃちょっとしたプチ結婚式と同じですよね(#^^#)

さらに夫婦の愛が深まると、年々参加者が増えているとのこと。

 

結婚当初になんらかの事情で結婚式を挙げられなかった夫婦もいます。

そういう場合はぜひ鳥羽国際ホテルの真珠婚式に参加して思い出を作るのも良いかと思いました。

 

まとめ

真珠婚式について調べて、あれこれ説明してきました。

一般的には馴染みの少ない真珠婚式について知っていただけたら嬉しいです♪

 

真珠婚式に贈るおすすめのプレゼントのベスト3もぜひチェックしてみてくださいね!

この3つが特に人気のプレゼントですので。

 

セイラセイラ

私の両親への銀婚式のプレゼントは、温泉付きの旅館に決まり!

 

それと、三重県鳥羽市が主催する真珠婚式も、もし機会があれば利用していただければと思います。

真珠婚式に参加して、さらに夫婦の愛を深めていつまでもラブラブでいて欲しいですからね( *´艸`)

スポンサーリンク